体育祭最終日

体育祭の最終日は、
午後から雨に見舞われました。

騎馬戦が終わった段階で、
急遽体育館に移動。

2017taiikusai-03LT.jpg

女子の棒倒しと
男子のエキサイティングボールは
体育館で行いました。

インドアで行うことで、
臨場感が増しましたね。

taiikusaisaisyuu01.jpg

2017taiikusai-01LT.jpg


臨機応変な対応をしてくれた
生徒会の皆さんありがとうございました。

閉会式が終わり、閉会の言葉を
執行部の生徒が述べているとき、

「ちょっとまったあ」

という応援団幹部の声。

体育祭を成功裏に導いてくれた
生徒会執行部一人ひとりへの
エールが行われました。

2017taiikusai-02LT.jpg

これには、見ていたすべての先生方が
感動していました。

本当に心底頑張りつくした
執行部の皆さん。

お疲れ様でした!

そしてありがとう。 

国際交流が加速!

6月21日、体育祭最終日に、
オクラホマから10人程の
高校生の訪問もありました。

20170621-04LT.jpg


英語部との交流をメインにしていましたが、
急遽、職員チームの代わりに
ドッジボールに出場してもらったり、
また卓球のゲームにも参加してもらいました。

20170621-06LT.jpg

20170621-07LT.jpg

20170621-03LT.jpg

20170621-01LT.jpg



楽しんでもらえてよかったよかった。

今本校では、ホットスプリングス市から
1週間のインターンシップを行っている
学生もおります。

先日はそのホットスプリングス市から
23名の訪問があったばかり。

本校は昨年度から国際交流に
力を入れていますが、
今年はその取組が
一気に加速しそうな雰囲気です。

20170621-02LT.jpg



 

【快挙!】アーチェリー部女子東北準優勝

6月18日に、東北高等学校選手権大会の
アーチェリー競技が宮城県の
ひとめぼれスタジアム宮城で行われました。

高総体で団体優勝を決めている男子は、
準々決勝で福島県の田村高校に
惜しくも敗れベスト8でしたが、
今回は女子が頑張りました。

初戦、秋田県代表の秋田南高校、
2回戦は福島県代表の田村高校を破り、
準決勝で山形県代表の鶴岡南高校を
5-4で下し決勝に進出しました。

決勝は、青森県代表の青森西高校に
5-4と惜敗し涙をのみましたが、
堂々の団体東北準優勝を勝ち取りました。

選手は全員が2年生でしたが、
これまで共に活動してきた3年生の思いを
しっかり背負って試合に臨んだことが、
この結果に繋がったのではないでしょうか。

今日は団体メンバーの5人が、
晴れやかな笑顔で
校長室を訪れてくれました。

おめでとうございます!


achtohoku01.jpg


 

体育祭始まる!

6月21日から3日間、体育祭が行われました。
私は職員女子に混ざって
バレーボールに出ました(軽く負けました^^)。

利府高校の 長谷川 弘和先生という方が、
総体応援ラップというのを作っていて
とても面白かったので、それを参考に、
「花高体育祭ラップ」を作って、
開会式の挨拶でやっちゃいました。

こんなカンジです。

20170619-01LT.jpg


GO HANA GO GO ♪

いよいよ始まる体育祭は「週明け!」♪
近づき心に感じる「重圧!」♪
今年は出てきた生徒会に「風格!」♪
クラスでバッチリ掴むよ「収穫!」♪

花高みんなで組むよ「スクラム!」♪
花高みんなでかわす「スマイル!」♪

今日から体育祭始まりま~す♪
3年生は最後の体育さ~い♪
ついでに私も最後の体育さ~い♪

GO HANA GO GO ♪

皆さんにとって体育祭が
「居心地のよい」空間、
そして「安全で安心な」
3日間になるよう祈っています。


なんか、調子に乗っている
ヘンなオジサンに見えたかと思います。

20170619-02LT.jpg

20170619-05LT.jpg

20170619-04LT.jpg




 

アーチェリー男子団体見事優勝!

先日、アーチェリー競技で
高総体団体優勝を決め、
見事インターハイ出場を決めた
本校の加藤太一君、阿部魁徒君、
村上涼君、入倉穣彦君の
4人の団体メンバーが
校長室を訪れてくれました。

6月5日の岩手日報にも
大きく報道されましたが、
1988年から続いていた盛岡工業高校の
30連覇を阻止する歴史的な勝利でした。

厳しい環境の中で、
よくぞこのような成果をあげたと思います。
大いに栄誉を讃えたいと思います。

この勝利は男女含めた部員全体、
指導してくださっているコーチの方々、
そして声援を送り続けてくれる保護者、
卒業生の力によるものではないかと思います。

おめでとう!

全国大会での更なる活躍を期待します。

アーチェリー団体01LT